更新日: 2020年 9月24日

お知らせ

無料オンラインシンポジウムのお知らせ

YouTube Live配信
北九州発 強度行動障害のある人を地域で支えるには

[以下,チラシより転載]
強度行動障害で困っているのは誰よりも本人であり家族です。行動障害に関する支援については長年の研究と実践により、包括的な取り組みが知られるようになってきました。しかし北九州市をはじめ多くの地域では、まだまだ普及に及んでいません。本シンポジウムでは、先進の取り組みを講師の方々から学び、北九州市への提言を行い、何から始め取り組んで行ったらいいのかについて、講師の方々からご助言をいただきたいと考えています。

日  時 令和2年10月 4日 日曜日 13:00〜17:15
基調講演 13:05から
志賀利一氏 (社会福祉法人やまびこの里相談支援部部長)
強度行動障害者支援の到達点と今後の課題
講 演 1 14:20から
野口幸弘氏 (社会福祉法人福岡障害者支援センター理事長)
強度行動障害のある人の幸せな暮らしを考える
講 演 2 15:45から
森口哲也氏 (障がい者行動支援センターか〜む所長)
福岡市における強度行動障がいの取り組み
討  論 16:30から
提言者:今本繁 (合同会社ABC研究所代表)
北九州市における支援システム構築に関する提言
討論者:志賀利一氏 野口幸弘氏 森口哲也氏

受講対象者  北九州市内外で強度行動障害者の支援に関心のある方
参 加 費  無料
主 催 者  Webシンポジウム 強度行動障害のある人を地域で支えるには実行委員会

受講申し込み方法等詳細は、こちらのチラシ(532KB)をご覧ください。

2020年度 福岡県自閉症協会総会書面議決の結果について

新型コロナウィルスの蔓延をうけて、今回の総会は書面での議決とし、可否の返信をいただきました。
その結果、すべての議案について承認成立されました。

有料道路の割引(障害者)更新手続きの期限延長に関するお知らせ

厚生労働省から、有料道路の割引(障害者)の更新の手続きの期限を 7月31日まで延長する旨、郵送での手続きも可能であることの通達がきました。以下、主な内容です。
(特例措置の主な内容)
令和2年 3月 1日から令和2年 7月30日までの間に障害者割引の有効期限を迎える者の有効期限を令和2年7月31日に延期する。
申請者が福祉事務所等に来所して行う新規、変更、更新手続は、令和2年 7月31日までの間は郵送手続による方法も可能とする。
(この際、福祉事務所等が確認する申請時に必要となる各書類は、原本ではなく写しによる確認も可能とする。)
 詳しくは,以下の資料をご覧ください。
【事務連絡】新型コロナ感染症対策としての障害者に対する有料道路通行料金の割引措置に関する取扱いについて(周知依頼).pdf(296KB)
(別紙)割引有効期限延長特例措置.pdf(1,015KB)